Overview:

“この会社でのチャンスはほぼ無限です”

バニスターさんは、GSK社の大卒の研修員としてキャリアをスタートし、製薬およびヘルスケア企業において13年の経歴を積みました。様々なブランドや営業・マーケティングのマネージメント職を務めた後、2011年にSTEMに入社した当社古参社員のひとりです。

  • STEMの何に引き付けられましたか?

    STEMは他に例のないことを行っているので、それに参加するのは素晴らしいことだと分かっていました。そしてこれまでに失望したことはありません。それがこの会社に留まっている最大の理由です。

  • ここでのキャリアの進行はどのようなものでしたか?

    入社から数年はヨーロピアンプロジェクトディレクターで、その後、会社の成長に伴い中欧のコマーシャルオペレーションズの主任になりました。
    それは素晴らしい起業機会でした。まるで社内で自分の会社を経営しているように感じました。幅広い裁量権が与えられ、私の能力を信頼してもらえたので、私は大きく成長することができました。
    これからSTEMに入社する人のすべてが同じ経験をするでしょう。責任の重い仕事をまかせてもらえ、プロジェクトを担当すれば、その間はSTEMの代表者としてクライアントと接するのです。
    会社が急速に成長するにつれ、私はインターナショナル部門のプレジデントになり、今では40以上の国を管轄しています。

  • STEMを他とは異なる存在にしているものは何ですか?

    当社のサービスは独特で完全に差別化されており、そこがクライアントに愛されています。キャリア面で言えば、昇進の可能性は製薬企業よりSTEMの方がずっと高いと思います。STEMでは様々な地域の非常に多くのクライアント、シニアリーダー、ブランドと接触することができるからです。STEMに入らなければ、そのような幅広い接触は得られず、これほどの能力開発は決してできなかったと思います。顧客とのやりとりのすべてから学ぶことができるのです。

  • STEMから受けたサポートは何で、期待できるサポートはどのようなものですか?

    今ほど体系化されたものではありませんでしたが、私が受けたトレーニングはキャリアの中でも最高のものでした。トレーニングの内容は常に進化し続けていますが、講義室とフィールドの両方で行われる非常に実践的なものであることは変わりません。
    当社にはとても強力な社風があります。それはまるで家族のようで(単に気楽という意味ではありません)、オープンかつ正直、強い助け合いの精神というものです。ですから、幅広い裁量権を与えられ、成果と業績を重視されはしますが、多くの建設的なサポートも受けられるのです。会社から受けたサポートがなければ、私の能力や技能はこれほどまでに伸びなかったと思います。

  • STEMでのキャリア機会について説明してください。

    ほぼ無限です。当社はとてつもなく成長していますから。成長がとても速いので、キャリア機会は常に存在しています。プロジェクトマネジャーとして入社した人が、あっと言う間に重要なビジネスユニットをまかされる地位に上がるのもこの会社では珍しくありません。
    現在は、より規模の大きいUDGヘルスケアグループの一員となったため、これまでよりも幅広い職種に就けるようになっています。

  • 最後に、新入社員またはSTEMへの入社を考えている人へのアドバイスをお願いします。

    ぜひ入社すべきです!

    当社の信頼性は随一です。起業家精神のある人、やる気と積極性のある人はこの会社で成功するでしょう。覚悟を決めてSTEMに入り、いい仕事を経験すれば、製薬企業に留まっていた場合よりも高い昇進の可能性と日々の満足感がきっと得られます。